グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


診療科・部門紹介

ホーム >  診療科・部門紹介 >  看護部

看護部



看護部理念・概要

看護部理念


地域の医療に貢献します。
真心で医療に貢献します。
倫理を遵守し、誠意ある看護を提供します。

看護部概要

  • 看護方式:固定チームナーシング継続受け持ち制
  • 看護体制:チームナーシング+デイペア制
  • 患者さまに継続した責任ある看護を提供するために、担当看護師を中心に協働し、自主的・主体的に看護を実践しています。
  • 勤務体制:変則2交代制
    日勤:8時30分~17時30分/夜勤:16時30分~9時00分

看護部について

看護部では、地域住民の方々の期待に応えられるよう患者さま一人ひとりと向き合い、急性期から回復期、慢性期、終末期に至るまで切れ目のない看護を目指し、患者さま・ご家族と医療者がともに最も良好と思われる看護を実践していきたいと考えています。
また、住まい・医療・看護・介護・予防・生活支援が一体となった地域包括ケアシステムが推奨される医療に携わる看護職としての能力を育成・発揮できる魅力ある職場であることを目指します。

部署紹介

一般病棟

当院一般病棟は、内科、外科(主に整形外科、耳鼻科、口腔外科)の患者さまが入院されています。周手術期や投薬治療等を必要とされる急性期の方から慢性期、終末期と様々な患者さまの看護を行っています。患者さまとそのご家族が安心して治療を受け、療養出来る環境を提供出来るよう、患者さまとご家族はもちろん、スタッフ間、多職種ともコミュニケーションをとり、さらにスタッフひとりひとりが医療人として常に安全、安楽を心掛け日々看護にあたっています。

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟は、急性期治療後の患者さまが、集中的にリハビリを受けて頂く病棟です。脳血管障害・大腿骨等の骨折など、様々な原因によって生じた障害に対して、入院時から退院後の生活を見据え、機能回復のみならず、「その人らしい生活」を目標として支援させて頂きます。病棟生活では、リハビリテーションで獲得したADL(日常生活動作)をステップアップさせるために又、安全で活動的に日常生活が過ごせるようにサポートさせて頂きます。さらに当院は人工透析科を備えているため、透析治療が必要な患者さまのリハビリテーションが出来ることも特徴です。最後に、回復期リハビリテーション病棟の目的である「ADL向上による寝たきり防止と家庭復帰」を念頭に地域の皆様に寄り添い、常に「質の向上」を目指してまいります。

療養病棟

当院の療養病棟は医療療養型です。
病棟の特徴として急性期医療機関で治療を終えても引き続き医療提供の必要な患者さまを対象に療養して頂ける病棟です。主に内科的治療や維持透析療法を必要としている患者さまが多く入院されています。
安心して入院生活が送れるように、また地域との連携を図り情報を共有し、自宅での療養生活が送れることを目指しています。

外来

私達外来職員は気軽に相談できる地域密着型の外来を目指して、笑顔ある対応を心がけています。1日に何人もの患者さまとお会いし、接する時間は短時間ですが状態観察、把握し治療がスムーズに行えるよう医師、他部署と連携して「思いやりのある、待たせない治療、看護」が提供できるよう日々努力しています。お気づきの点がございましたら遠慮なくお申し出下さい。

人工透析センター

当院の特徴としまして、通院患者さまのみならず、病院内に療養病棟、回復期病棟を併設しており、透析と介護が長期に必要な患者さま、透析とリハビリテーション治療を受け自宅復帰を目指す患者さまと様々な患者さまを広く受け入れて対応しています。透析室スタッフは、患者さまとのコミュニケーションを何よりも大切にしています。
また、患者さま、ご家族が透析治療に対する不安や、生活面の心配事などを連絡ノートにてご相談頂き、ご家族のようなお付き合いを心掛けています。ニーズに合った、快適で安心できる透析を提供し地域に貢献できるよう、日々業務に努めています。

手術室

当院手術室は5階に位置し、外科、整形外科、耳鼻科、歯科口腔外科の手術に対応しています。
私達手術室看護師は、患者さまの生命に関わる場面に立ち会う為、安全第一をモットーに不安を抱えながら手術に臨む患者さまに寄り添い、笑顔で接しリラックスできるよう心がけています。
中央材料室も併設されており、病院全体で使用する器械の洗浄、滅菌業務など細心の注意をはらって業務を行っています。

先頭へ戻る