グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


入院・面会のご案内

ホーム >  入院・面会のご案内 >  医療費のお支払いについて

医療費のお支払いについて



入院中の医療費

毎月月末で締切り、翌月10日以降に1階会計窓口にて請求書をお渡し致します。患者さま確認のため、保険証又は診察券をご提示ください。すみやかに1階の会計にてお支払いください。
会計時間 会計時間:13時00分~20時00分(月~日、祝日も対応可能)
医療費、食事療養費、生活療養費の他に、オムツ代、各種診断書
包帯・軟膏ケースなどの実費負担が発生する場合があります。詳細は事務にご確認ください。

退院時のお支払い

退院時に病院会計窓口にてお支払いください。
なお、追加でお薬・治療・検査が発生した場合、追加請求が生じる場合がありますが、予めご了承ください。

領収書について

領収書は、所得税の医療費控除を申告する場合等に必要となります。領収書の再発行は致しておりませんので、大切に保管してください。

退院時刻

当院での退院時刻は、原則10時00分となっております。

お問合せ・ご相談について

入院医療費については、1階事務室までお問合せください。

※ 午前中は外来診療で混み合いますので、できるだけ待ち時間の少ない午後にお願いします。
※ 支払については、クレジットカードもご利用できます(VISA、MASTER、JCBに限ります)。

高額療養費制度・限度額適用認定証について

医療費の負担を軽減するために、医療費には自己負担限度額が設けられています。高額療養費制度とは、ひと月に支払う医療費(保険適用される医療費の自己負担分)が自己負担額を超える場合、事前に保険者(健康保険組合など)へ「限度額適用認定証」の交付を申請し、病院へ提出すると、その限度額を超えた額が「高額療養費」として払い戻される制度です。

限度額適用認定証の申請窓口

限度額適用認定証を申請する窓口は、加入されている保険の種類によって異なります。
保険の種類 申請する窓口
国民健康保険 市役所・区役所・町村役場
全国健康保険協会管掌健康保険 全国健康保険協会の各支部
組合保健・共済保険 各保険者の窓口

高額療養費の計算にあたっての注意点

  • 医療機関ごとに計算します。ただし、同じ医療機関でも入院、外来、歯科は別々に計算します。
  • 各月の1日から末日までを1ヶ月として計算します。
  • 同じ月内に、複数の医療機関を受診した場合は、それぞれの医療機関で限度額を負担していただきますが、負担金額によっては、後日高額療養費として支給されることがあります。
  • 入院時の食事代や保険が効かない差額ベッド代、及び保険外診療は対象外です。
その他詳細については下記参考リンクをご覧ください。
【参考リンク】
豊田市 国民健康保険 療養費・高額療養費
https://www.city.toyota.aichi.jp/kurashi/koukikourei/1009088/1009124/1002912.html(外部サイトへリンクします)
先頭へ戻る