グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 部門 > 診療技術部 > 臨床検査科

臨床検査科


私達は、患者さんの血液や尿、組織などから得られる検査情報を正確・迅速に医師に提供することで、病気の早期発見、経過観察、治療効果の判定に貢献できるよう取組んでいます。その為に、内部・外部精度管理を行い検査結果の質の向上にも努めています。また、チーム医療への参画(栄養サポートチーム、感染対策、糖尿病教育入院、心臓カテーテル、医療機器の安全管理など)に徹し、患者診療支援を実現していきます。

検体検査

血液、尿や組織など、患者さんの体から取り出した検体について調べる検査(性状、数、形態など)を検体検査と言います。

生化学検査

血液や尿などを分析して肝臓・膵臓・心臓・腎臓・脂質などの病気の診断、治療効果、予後の判定、健康状態などの把握が出来ます。

免疫血清検査

ヒトの体に異物(細菌やウイルスなど)が侵入すると、防御反応のために抗体が作られます。この抗体を調べることで、病気の原因が判る場合があります。
これらの感染症検査以外にも腫瘍マーカー、甲状腺ホルモンなどの検査を行っています。

血液検査

血液検査の拡大画像

血液の中には白血球、赤血球、血小板などの成分が含まれています。これらの数や量を多項目自動分析機で迅速、正確に測定し、顕微鏡でこれらを観察して形態異常がないか検査します。また、血液が固まる為に必要な凝固因子に異常がないかも検査しています。

一般検査

主に尿を検査しています。他にも便や胸腹水、髄液等の検査も行います。
尿検査は採血検査と違って採取が楽で、しかも体の状態に鋭敏に反応します。従って初診時や健診の際には必ずスクリーニングとして検査されます。
腎・尿路系の異常以外にも糖尿病や肝機能など様々な疾患の診断に欠かせません。

一般検査の画像1

一般検査の画像2

輸血検査

輸血検査の画像1

患者さんに輸血が必要になった時、その輸血によって副作用が起こらない事を調べる検査です。血液製剤情報、患者さんの情報などは一括管理し安全な輸血が出来るよう努めています。

病理検査

患者さんの体から採取された組織を顕微鏡で観察し、病変の良悪やそのタイプ、広がり、浸潤の程度などを報告します。その結果で次の治療方針等が決まるので大変重要な検査です。
また、病気で亡くなられた場合、臨床診断の妥当性、治療の効果や直接死因の解明、合併症などを調べる目的で系統的な解剖を行う場合もあります。

病理検査の画像1

病理検査の画像2


生理検査

心電図・超音波など患者様の身体を直接調べる検査を生理検査(生理機能検査)と言います。

心電図では不整脈や心筋梗塞など、肺機能検査では肺活量や肺の働きを検査します。他に24時間ホルター心電図、24時間血圧計、心臓超音波検査、尿素呼気検査(ピロリ菌を調べる)、ABI検査(血管の硬さや狭窄の程度を調べる)等の検査を行い、診断の補助となる検査結果を提供しています。どの検査も痛みを伴うことなく、比較的体の負担が少ない検査です。

生理検査の画像1

[1]

生理検査の画像2

[2]

生理検査の画像3

[3]

生理検査の画像4

[4]

生理検査の画像5

[5]

[1][2] 心電図検査
[3] 肺機能検査
[4] 心臓超音波検査
[5] 心臓超音波画像