グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 泌尿器科

泌尿器科


名古屋市立緑市民病院


診療科内容

当院泌尿器科は日本泌尿器科学会より専門医の基幹教育施設の認定を受けております。

診療内容として、泌尿器科一般はもとより尿路結石、前立腺肥大症の診断・治療、泌尿器科悪性腫瘍の診断・治療に力を入れております。

尿路結石においては、尿管ファイバーを用いたホルミニウムヤグレーザーによる経尿道的尿路結石砕石術(f-TUL)を導入しており結石除去率の高い低侵襲治療が可能です。

前立腺肥大症に対しましては丁寧な診断を心がけており内服治療を第一選択に、治療効果が高く出血や失禁などの副作用の少ない最新のレーザーを用いた経尿道的前立腺蒸散術を導入しております。(すべて保険診療)

※経尿道的尿路結石破砕術(f-TUL)とは?
結石を実際に内視鏡で確認し、レーザーで破砕、除去することができる治療方法です。当院では新型の尿管内視鏡(細径尿管電子スコープ)を導入し、従来、内視鏡や体外衝撃波治療では困難であった腎結石などの治療も施行できるようになりました。入院、麻酔(脊椎麻酔)が必要にはなりますが、2泊3日と短期間の治療が可能です。
※「f-TUL」は「FlexbileScope - Transurethral Ureterolithotripsy」の略
結石の大きさや位置などにより、適切な治療をご提案いたします。

※経尿道的前立腺レーザー蒸散術とは?
従来前立腺肥大症状への手術は経尿道的に電気メスを用いた切除術が標準治療でありましたが、より入院期間を短く、治療効果が同等で低侵襲で身体に優しい治療がレーザーを用いた蒸散術です。電気メスと比較し、出血が少なく、術後のカテーテル期間が短い事が特徴です。また術後の痛みが少ないといわれております。

また泌尿器科領域では多くの手術で腹腔鏡手術が最近は可能となっております。当院では主に腎腫瘍、腎盂尿管腫瘍に対する治療の選択肢として腹腔鏡手術を施行可能です。腹腔鏡手術とは体内に内視鏡を入れ、モニターに映し出された手術部位を観察しながら施行する手術のことです。最大のメリットは傷が小さく痛みが少ない事、また術後の回復が回復手術よりも早い点です。また小径腎腫瘍に対しては小開腹(従来の開腹術より小さな傷)もしくは腹腔鏡下に無阻血腎部分切除術を積極的に取り入れております。前立腺癌、膀胱がんに対しての内視鏡手術や開腹手術(小開腹)も標準治療として施行可能です。

前立腺検診の2次検診を積極的に行っております。地域の先生方との循環型地域連携パスの作成、運用に取り組んでおります。これにより病診連携がスムーズに行え、受診いただく患者様にも安心いただけると考えております。

今年度より当院もDPC病院となります。現在すべての経尿道手術や前立腺生検査など主要疾患に診断治療に対してクリティカルパス運用をしております。また地域包括病棟を利用しての救済・緩和治療、亜急性病状の患者様の受け入れも積極的に行い地域に根ざした医療を目標にしております。
午前 外来診療
午後 手術・検査

医師紹介

平林 淳/泌尿器科部長

平林 淳の画像

専門
尿路結石、前立腺疾患、排尿障害(特に前立腺肥大症の診断治療)、尿路悪性腫瘍など泌尿器科全般
資格
日本泌尿器科学会指導医
日本泌尿器科学会専門医
AMS社認定PVPトレーナー(前立腺肥大症レーザー治療)
臨床研修医 VHJ機構指導医養成講座修了
学会
日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡外科学会
ミニマム創手術学会
PVP研究会
コメント
令和元年7月より当院に赴任いたしました。これまでの経験を活かして地域の患者様に貢献できればと考えております。よろしくお願い申し上げます。

当院のエキスパートたち

病気のこと、治療のことをインタビューして掲載しました。
院内でも配布しています。

『排尿状態の変化は、迫り来る病気の見過ごせないサイン!?
「加齢が原因?」と自己解決せずに、まずは診断を!』



※表紙をクリックするとご覧になれます。

※その他の医師はこちらからご覧いただけます。

2018年度 主な手術実績

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 13
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 10
前立腺悪性腫瘍手術 4
尿道悪性腫瘍摘出術(内視鏡) 2
経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 1
膀胱異物摘出術(経尿道的手術) 1
膀胱悪性腫瘍手術(全摘(代用膀胱利用で尿路変更を行う)) 1
子宮悪性腫瘍手術 1