グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 麻酔科

麻酔科


名古屋市立緑市民病院

ページ内目次


診療科内容

麻酔科医は手術を受ける方が安心して手術を受けられるように仕事をしています。できるだけ苦痛を少なく手術を受けていただく事が術後の回復にも良い影響を与えます。
麻酔の方法は単一ではなく、違う種類の麻酔法を組み合わせる事もよく行われます。主な麻酔法には全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔(腰椎麻酔)、神経ブロックなどの方法があります。
麻酔だけではなく、手術中の血圧のコントロールや呼吸状態の管理も麻酔科医の仕事ですし、術者と相談しながら輸血の判断をしたり、麻薬を適切に使う事も麻酔科医の仕事です。
安全な手術・麻酔のため、術前検査と麻酔科の術前診察へのご協力をお願い致します。

医師紹介

横川清/麻酔科部長・中央手術部長(平成3年卒業)

横川清

専門
麻酔科
資格
  • 麻酔科標榜医
  • 麻酔科専門医
  • 内科認定医
学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本内科学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本救急医学会
コメント
安全・安心の麻酔を心がけ、診療に取り組んで参ります。宜しくお願い致します。