グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護部 > チームでのラウンド

チームでのラウンド


感染対策チーム

水回り、薬品保冷庫、注射業務関連作業台、手指衛生、リネンの取り扱い、汚物室・トイレ等を多職種にて1回/週、ラウンドをしています。設備面ではなかなか変更が困難な場合もありますが、各部署、知恵を出し合って改善に取り組んでいます。抗菌薬の使用状況や病原菌検出状況を確認しています。

医療安全チーム

5月には「救急カート安全ラウンド」、6月には「時計合わせの日」チェック表のラウンドを行い、毎月のチェックを徹底していくとともに、チェック表がなかった部署へは、今後は表を作成し行ってもらうよう呼びかけました。定数表の改訂の必要性があるため、定数表の改訂を管理部署に提示しています。ラウンドを通して、スタッフへのマニュアル実践の確認をしています。

褥瘡チーム

病室の画像

褥瘡チームでは、病院全体の褥瘡保有患者の治癒経過の推移を観察していくという目標のもと、毎月2週間に1回褥瘡のある患者のラウンドを行っています。褥瘡の状態を観察だけでなく、ベッド上の環境や、エアマット、マットレスは適切に使用できているかなどをチェックし、栄養面からも、褥瘡の治癒を促進できるようにと他職種が連携をしています。患者の褥瘡が一日でも早く治癒するように今後も活動を継続していきたいと思います。