グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > お知らせ > 【泌尿器科】過活動膀胱の新しい治療法 ボツリヌス療法

【泌尿器科】過活動膀胱の新しい治療法 ボツリヌス療法





「急にトイレに行きたくなる」「我慢できずに漏れてしまう」
など、日常生活で尿の悩みはありませんか?
その症状、過活動膀胱という病気かもしれません。

 過活動膀胱の治療には、行動療法や内服療法などがありますが、今年4月より新たにボツリヌス療法が保険適応となりました。
膀胱鏡という内視鏡を使用し、膀胱の筋肉に直接薬を注射して、膀胱の異常な収縮を抑えます。当院では入院治療を行っております。

 詳しくは 泌尿器科「過活動膀胱に対するボツリヌス療法」をご覧ください。