名古屋西病院 内科・消化器内科・循環器内科・腎臓内科・呼吸器内科・小児科・外科・小児外科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

病める人の人間性を尊重した、温かく質の高い医療の実践により、患者さんや家族から信頼され満足される病院をめざし、社会に貢献します。

院長挨拶

院長

平成29年4月1日より院長に就任いたしました大澤良充と申します。今までの25年間、隣の中村区にあります名古屋第一赤十字病院で整形外科医として勤務して参りました。この地域の皆様方には初めてお目にかかる方も多いと思いますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

さて名古屋西病院は昭和62年(1987年)10月に名古屋西クリニック病院として開院しました。「病める人の人間性を尊重した、温かく質の高い医療の実践により、患者さまや家族から信頼され満足される病院を目指し、社会に貢献いたします」という基本理念のもと、約30年の長きにわたり、歴代の院長をはじめとする病院職員が一丸となって地域医療に貢献して参りました。今まで積み重ねてきた実績に甘んじることなく、地域の皆様の信頼にお応えできるよう更に邁進したいと思っております。

すでにご承知のことと思いますが、厚生労働省は患者さんに必要な医療を効率的に提供し、大病院への患者さんの集中を避けるために医療の機能分担を進めております。病気になると病院や診療所で治療しますが、全ての患者さんが専門性の高い大病院での治療が必要なわけではありません。また大病院で急性期治療が終了したからと言って、全ての患者さんが直接自宅に帰ることができるわけではありません。このような病院の機能分担の観点から見ますと、当院は大病院での治療と診療所や在宅での治療の中間に位置する病院と言うことができます。

実際に患者さんの多くが日常診療で必要とする医療機関は、当院のように気軽に通院、入院できる、敷居の高くない地域に根ざした病院であることは、今までの私の臨床経験からも自信を持って言えます。当院は地域患者さんのニーズが高い内科(一般内科、消化器、循環器、腎臓、呼吸器)、整形外科、外科、小児科、リハビリテーション科を中心に外来診療を行っています。また56床の急性期病床と56床の療養型病床がありますので、これらの病床を有効に使うことにより、患者さんが急性期診療から在宅診療に至るまで途切れることがなく治療を受けていただくことができます。

私のモットーは「忙しくても仕事は楽しく!」です。職員の笑顔が絶えない明るい病院、患者さんが病気のことを忘れてしまうくらい癒される病院を目指したいと思います。これからも名古屋西病院をよろしくお願い申し上げます。

名古屋西病院
院長 大澤良充

経歴

昭和53年 3月
名古屋大学医学部医学科 卒業
昭和53年 4月
一宮市立市民病院 研修医
昭和54年 7月
社会保険中京病院整形外科
昭和56年12月
東京厚生年金病院整形外科
平成元年 3月
米国NY州、Rochester大学留学
平成 4年 4月
名古屋第一赤十字病院整形外科副部長
平成11年 9月
同整形外科部長
平成29年 4月
名古屋西病院院長

資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本リハビリテーション医学会 専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄手術名誉指導医

ページの先頭へ戻る

医療法人純正会 名古屋西病院

〒 454-0869 名古屋市中川区荒子二丁目40番地

お問い合わせ窓口
TEL:052-361-0878  FAX:052-361-0727
休診日・救急対応
土曜日午後・日祝日・年末年始
【診療科目】
・内科・消化器内科・循環器内科・腎臓内科・呼吸器内科・小児科・外科・小児外科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科